過多月経用のピルって保険適用される?

過多月経の治療薬ピルって保険適用されるの?

 

日常生活にも支障をきたすほどの過多月経
毎月辛い思いをしていませんか?

 

低用量ピルを服用すれば過多月経の症状を和らげる事ができます。
低用量ピルは婦人科などの病院で処方されるのですが保険は適応されるのでしょうか?

 

今回は治療用ピルの保険適応についてまとめてみました。

 

過多月経の治療であれば保険適応!

過多月経の治療薬ピルって保険適用されるの?

 

月経困難症の治療目的であれば、低用量ピルは保険適応になります

 

過多月経で使う治療用ピルは1シートで約6000円 〜 7000円になるので保険適用となる場合はこの金額の30%負担となります。
診察料とあわせるとだいたい、3000円前後になります。

 

ですがこれはあくまでも治療目的で処方される場合の金額です。

 

低用量ピルは避妊にも使えるのですがこの場合は保険適用外となり病院で処方されるとしても100%負担となります。

 

どうい用途でピルを服用するかによって変ってくるので注意してください。

 

医師の判断でもらえない事もある

 

低用量ピルは、誰でも服用できるものではありません。
『高血圧』や『肥満症』『アレルギー』の症状がある人は使用できない可能性があります。

 

それを判断するのは医師なので、診察の内容によっては処方されない場合もあります。
いくら治療目的だからといっても必ずもらえるものでは無いという事を覚えておくといいでしょう。

 

ヤフーの知恵袋でもピルの処方を断られたという書き込みはいくつかあります。

 

過多月経の治療薬ピルって保険適用されるの?

 

こんな人はピルの処方を断られやすい

過多月経の治療薬ピルって保険適用されるの?

 

  • 高血圧
  • 肥満の人
  • 喫煙者
  • 40歳以上の人

 

上記の条件に当てはまる人は病院によっては処方されない場合があります。
その場合はピルではなくノアルテン(黄体ホルモン)などの代替薬を処方されることになります。

 

低用量ピルは通販でも買うことができます。

 

月経困難症の治療薬として処方される低用量ピルですが、実は同じものが通販でも買うことができるんです。
自分で服用するという目的であればどんな人でもピルを購入できます。

 

購入するのに処方箋も必要ないですし、医師の診断も必要もないので最近ではネットで買う人も多くなってきています。
しかも病院で処方される金額よりも安くでかえるので、大量に買う人ほど安くで買えるというメリットもあります。

 

病院だと1回で処方されるのは1シートだけになるので毎月通う必要が出てくるのですが
ネット通販の場合は1年分まとめて買うことができるので通院する手間もはぶけるといった理由でネット通販を利用する人もいます。

 

ネット通販を利用する事でのメリット

 

  • 病院よりも安くで買える
  • まとめ買いが出来る
  • 通院の必要も処方箋も必要ない
  • 誰にも知られずこっそりピルを買える

 

ネット通販のデメリット

 

  • 届くのに時間がかかる
  • 通販でも大丈夫なの?という不安がでてしまう
  • アマゾンや楽天では取扱いがない

 

毎回病院に行くのがめんどくさい、はずかしいという人や安くでピルを購入したいという人は一度ネット通販を利用してみてはどうでしょうか
最初は本当に届くのかな?って不安になるかもしれませんが1度利用してみると案外簡単に届くので拍子抜けすると思いますよ(笑

 

詳しい詳細については下記リンクをクリックしてください。

 

>>低容量ピル トリキュラー21のジェネリック通販はコチラ